白髪染めで明るい色に染めたい!

白髪染めのヘナ

 

白髪染めで明るい色に染めたいと思いませんか?

 

でも、白髪染めで髪を自然な明るい色に染めるのは、案外難しいものですよね。

 

そこでこのサイトでは、市販や通販のヘアカラー剤の選び方や、自分で明るい色に白髪染めをする場合の注意点、おすすめの美容室などをまとめてみました。

 

明るい色に白髪染めをして、ぜひ素敵な髪を手に入れてください。

 

 

まずは、明るい色のバリエーションがあるおすすめの白髪染めを紹介します。

 

一番のおすすめは利尻ヘアカラー(サスティ)色は4色用意されていて、ライトブラウン、ナチュラルブラウン、ダークブラウン、ブラックです。ライトブラウン、ナチュラルブラウンは、多くの女性にとって理想の明るい色ではないでしょうか。

 

無添加でノンシリコーンですので、頭皮に負担をかけにくく、ヒリヒリが苦手な人にもおすすめです。

 

お風呂で10分程度で染まるのも手軽でうれしいポイント。

 

つづいてはルプルプ(LpLp)。こちらで用意されているのは、ダークブラウン、ブラウン、モカブラウン、ソフトブラックの4種類。

 

よく染まるのに、手や浴槽についても簡単に落とせるのもルプルプの特徴です。同じく高級なフコイダンを原料とした白髪染めです。

 

 

ドラッグストアで買える市販の白髪染めヘアカラー剤の選び方

 

これから髪を染める女性

 

2〜3週間で目立ってきてしまう白髪。

 

この白髪を、自宅で自分で(セルフケアで)染める場合、ドラッグストアにはたくさんの白髪染め、おしゃれ染め用ファッションカラー剤がそろっていて、どれを購入すればいいか、迷ってしまいますよね。

 

白髪カラーリングは毎年流行があって、もう少しおしゃれな明るい色に染めたいと思っても、選び方がわかりにくいため、市販のセルフカラーリング剤を選ぶコツと使い方、注意点をしっかりおさえておきましょう。

 

ヘアカラー剤のタイプ

市販の自宅染め用ヘアカラー剤には、泡タイプとクリームタイプの2種類のカラー剤があります。泡タイプはテレビCMなどで人気の、誰でも手軽に染められとても便利で使い方もかんたんです。

 

しかし、泡タイプにトリートメント剤を混入しにくいため、髪へのダメージと白髪部分の染めむら、フロント部分や毛先の色との差が生じやすいデメリットがあります。

 

クリームタイプはトリートメント成分が配合されたトリートメントカラーで、塩基性カラーと呼ぶこともあります。頭皮、髪へのダメージは軽減されますが、ハケで塗っていくやり方のため自分で染めにくい点がデメリットです。

 

しかし、クリームカラーは根元部分の生え際だけぬるリタッチができるため、毛先との色むらはありません。

 

トーン

自宅のヘアカラーで成功のポイントは、カラー剤選びが7割、染め方の技術が3割で、カラー剤選びが重要です。トーンは髪の明るさのレベルをあらわす数字で、日本人の自然な黒髪に黒染めする場合は5トーンになります。

 

そのため暗めにしたい方は4トーンから、明るめで染めたい方は7〜8トーン、さらに明るくしたい場合は10トーンとなります。

 

色味(明るい色から暗い色まで)

オシャレ染め用カラーリングの色味には同じブラウン系でもアッシュ系、マットブラウン系、カッパー系などいろいろあります。

 

またその中でも、ベージュブラウン(BB)、マロンブラウン、ローズブラウン、ピンクブラウン、ゴールドブラウン、シャンパンブラウン、オレンジブラウン、ミルキーブラウン、イエローブラウンなどに分かれています。

 

青み、緑、オレンジ、黄味系など色の系統があり、赤みの強いブラウンと青みの強いブラウンでは顔への影響が変わってきます。

 

ダブルカラーリング(Wカラーリング)というカラーリング方法もあります。ダブルカラーとはブリーチ剤でブリーチした後に希望のカラーリング液剤を入れる施術パターンで、この方式でないと表現できない色味の染剤もあります。

 

また、今のトレンドカラーは、グレー用カラー剤でツヤを抑えたマットカラーで、ヘアカラーを少しずつ変化させるグラデーションカラーも人気のようです。

 

自分の洋服、メイク、ヘアアレンジなどでアクセントカラーを見つけてみましょう。自分のパーソナルカラーを研究するのもおすすめです。顔色の明るさ、肌の感じも変わってきます。

 

おしゃれ染めカラーリング剤には明るい色から暗い色までカラーレベル別にトーンはありますので、よくカラー選びするようにしてください。

 

ヘアマニキュア

敏感肌やかぶれやすい人向きのおすすめカラー剤です。白髪が少ないと明るくする効果はありませんが、白髪の多い場合は、明るめのライトブラウンやナチュラルブラウンなどがメッシュのようでオシャレ染めに適しています。

 

染めたてでも自宅のバスルームを汚す心配がありませんので、快適に染めることができます。

 

染毛剤の種類

染毛剤には永久染毛剤や脱色剤・脱染剤などがあり、永久染毛剤にも酸化染毛剤と非酸化染毛剤の二種類の分類があります。白髪染めやお洒落染め、アルカリ性酸化カラーなども酸化染料による永久染毛タイプです。

 

非酸化染毛料は、私たちにほとんどなじみがありません。酸化染毛剤はアルカリ剤などの1剤・2剤式で、染毛力が強いですが髪へのダメージも大きくなり、カラー知識が必要です。

 

白髪染めの頻度はどのくらいが適当?

「白髪染めの頻度って、ふつうの人はだいたいどのくらいのペースでしているんだろう…?」と、疑問に思ったことはありませんか?

 

髪の毛の8〜9割以上が白髪だとして、おしゃれな明るい色をキープするには、どのくらいのペースで染め直す必要があるのでしょうか。

 

まず、髪の毛の8〜9割以上が白髪であっても、白髪染めの対応をすることは可能ですが、染めたい色によって、染まり具合や染め直す頻度は変わってくるといえます。

 

そこそこ暗い色で染めるほうが、カラー自体は入りやすいですし、色落ちもしにくいですが、明るい色であればあるほど退色も早く、染まりも具合も悪くなりますので、当然染め直しも頻繁に行う必要が出てくるでしょう。

 

また、染め直しの頻度に関しては、その人の髪質や白髪の多さにもよります。髪は平均1ヶ月で1cmぐらい伸びますので、白髪染めをして1ヶ月たてば、根元に1cmの白髪が出てくることになります。

 

ショートヘアかボブカットかなど、ヘアスタイルによっても、根元に出てきた白髪が目立ちやすい髪型と目立ちにくい髪型がありますので、それによっても頻度は変わってきます。

 

しかし、約1〜2ヶ月に一回程度の割合で白髪染めをし直すというペースが一般的であるといえるでしょう。

 

美容室での白髪染めを徹底解説!

美容室で白髪染め

 

白髪の悩みは人それぞれ!

白髪の割合、いわゆる白髪率というのは人それぞれ違いますし、歳を重ねても白髪がそれほど目立たない人もいます。ですから白髪を染める頻度というのも人それぞれ違ってきます。

 

また、白髪は心労が多い時や精神的ストレスを多く抱えている時に増えてしまうことも多いものです。白髪染めを使用する頻度を少なくしたければ、普段からストレスを溜めないようにしたり栄養をきちんと取るようにしましょう。

 

栄養がきちんと取れないような状態であれば、まずはサプリやドリンクなどで頭皮にも栄養がきちんと行き届くようにすることをおすすめします。

 

美容室で白髪染めってどうですか?

きちんと白髪を染めたいのであれば、美容室で白髪染めをするのが最適です。白髪染めは自宅で行うホームケアだとカラーリング代も抑えられますが、自分で行うとムラが出来てしまいがちです。

 

また、ホームケアは髪に必要な美容成分が損なわれてしまい、髪が弱々しく細くなってしまうことも考えられます。明るい色といってもカラーバリエーションはいろいろですので、美容室なら種類も豊富で安心です。

 

ただし、美容室でカラーをするには自宅で行う以上の時間と値段がかかってしまうこともあります。デメリットではありますが、それはカラーを長持ちさせるのにも必要なことです。

 

美容室で白髪染めすることによるメリットとして、髪が痛まないということがありますが、それ以外にカラーが長持ちするということもあります。きちんと染まっていないと、色落ちしてしまうのも早くなります。

 

また、何回も白髪染めをし直さなければいけないこともあります。明るい色に白髪染めした時には、色落ちしてしまうと地毛との差がとてもわかりやすく出てしまうので、その点も注意が必要です。

 

白髪が多い人であれば一、度きちんと明るい色に白髪染めしたとしても定期的に美容院を予約してヘアケアしなければいけないことがほとんどです。ですからお気に入りの美容院を見つけておくと良いでしょう。

 

美容師側も、自分の髪質をわかっている美容師に染めてもらったほうが好みの色なども分かってもらえますし、仕上がりに満足できることも多いでしょう。

 

せっかくお金と時間をかけてカラーリングしてもらったのに、その結果に満足できないようであればがっかりもしてしまうものです。

 

美容室の白髪染めは明るい色に染まらないってホント…?

美容室で白髪染めをしてもらっても、明るい色には染まりにくい、という話を聞いたことがある方もいるかもしれません。

 

一部ではそのような噂があって、美容室で白髪染めをすることをあきらめている方もいるようですが、結論からいうと、明るい色に染められるかどうかは、その人の髪の毛質と美容師さんの技術次第だということがいえそうです。

 

個人差もありますが、一般的には細めの髪質の方が、白髪染めで明るい色に染まりやすいといわれます。また、同じ明るい色の中でも、アッシュブラウン系は染まりが悪く、暖色系の方がより染まって見えるともいわれています。

 

白髪染めでしっかり染まることを望むならば、明るい色よりも暗めの色の方がより染まりやすいといえます。美容室の白髪染めで明るい色にしたいなら、まずは美容師さんに自分の希望をしっかり伝えて相談してみましょう。

 

老け顔対策には白髪染め!

白髪の悩み

 

年齢を重ねるとあらわれてくる白髪は、老け顔をつくる代表的なモノになるとして対策を行う必要があります。 それには白髪染めがいるわけですが、自分で部分染めや根元用などのホーム用染剤を買ってきて行うこともできます。

 

もちろん、美容室でやってもらえば完璧な仕上がりになるのですが、美容室へ行く時間がないという人もたくさんいるわけです。

 

最近の白髪染めは開発が進んで、自分で染めてもきれいな仕上がりが期待できるほどにまでなっています。 その種類は豊富で液状タイプ、乳液タイプに最も新しいムースタイプが出ています。

 

一番新しいムースタイプだと、はじめての人でもムラなく染められて失敗がないといわれます。

 

白髪を明るい色に染めようとして失敗することも…

どのタイプの白髪染めで明るい色にするかはその人の好みでありますが、イメージしたように染まらない場合があります。 そのことについて、何が原因なのかはっきりつかめないといったことが多いのです。

 

染め上がりが期待通りにいかない原因が、髪質なのか薬剤の問題なのか、または調合の仕方が悪かったのかはさだかでありません。

 

また、美容室で髪を染めるとき美容師の方が、白髪染めは明るい色が入りにくいといわれる場合があります。 もちろん髪質や薬剤、調合の仕方で明るい色にしたくてもイメージ通りに染まらないこともあります。

 

そして明るい色の白髪染めは、色持ちが悪いともいわれます。 あとから出てくる新生毛の白髪が目立ちやすいのが特徴です。

 

美容室で白髪を染めるときはお店のプロの方に任せておけばよいですし、そのお店のオリジナルカラーや特殊カラーにもチャレンジできます。

 

しかし、自分で市販ホームカラー剤で染める場合は、ブラウン味の強いダークブラウン程度の色におさめておいた方が、違和感のない自然なナチュラルカラーに仕上がります。

 

白髪染めでなくオシャレ染めで染めたらどうなる…?

結論からいいますと、残念ながらオシャレ染めでは、白髪をうまく染めることはできません。

 

オシャレ染めとは、黒髪の人が明るい髪色の茶髪にするような時に使うカラーリング剤ですが、このオシャレ染めの毛染め剤を使用した場合、黒髪は茶色になりますが、白髪は茶色にはならないのです。

 

金髪ほどにはいかないまでも、全体的に微妙な金色の毛になって失敗したり、白髪の部分が茶髪の中に混ざってしまってそのまま残るという危険性があります。

 

これは、オシャレ染めは白髪染めの薬剤ほど染毛力が強くないため、白髪をしっかりと濃い色に染めることができないことが原因です。

 

やはり、白髪染めをするときは、オシャレ染めではなく、最初から白髪専用の白髪染めを使用されることをオススメします。

 

白髪染めの明るい色で染めようとして、赤茶っぽくなってしまった場合

白髪染めで明るい色に染めようとしたのに、結果としてまったく明るい色にならず、赤茶っぽくなってしまうケースがごくまれにあります。

 

これは、白髪染めの染毛剤よりも自毛のもともとの髪色のほうが暗かったことが原因で、赤茶っぽくなってしまったと考えられます。

 

このような場合、まず赤茶っぽい色を抜くという対処法があり、そのためにはブリーチすることが必要になりますが、市販のブリーチ剤を買って自分でブリーチすることは、あまりおすすめできません。

 

カラーリングや白髪染めとは違い、ブリーチは髪の毛の色を抜いている、いわば脱色していることになります。カラーリングは、市販のカラーリング剤を使ったとしても色を入れるだけの作業になります。

 

ですから、染めるだけということであれば、よほどのミスがない限り色ムラや変色といった失敗はなさそうです。

 

しかしブリーチでは、その人の髪質が軟毛か剛毛かや、髪の毛の太さ、細さ、毛先と根元での時間ずらし方などで、ブリーチの薬剤の塗布量や設定も異なってきます。

 

そこで失敗すると、金髪やオレンジ色になってしまったり、ムラになったりする危険性がありますので、できるだけ美容知識のあるプロの方にブリーチしてもらうことことをおすすめします。

 

白髪を黒髪に染める場合と一番明るい色に染める場合との違い

髪がサラサラの女子

 

白髪を染める場合、全体の仕上がりの印象は、白髪の量によって大きく異なります。

 

黒髪に染めたい場合

白髪を黒髪に染めたいという場合には、明るい色の仕上がる毛染めでは、ほとんど白髪は黒くならないと考えた方がよいでしょう。

 

黒髪にしたい場合には、全体の髪の毛がしっかりと染まっていないと目立つことになってしまいますから、黒髪に仕上げたいなら、なるべく暗い色合いを選ぶようにしたいものです。

 

一番明るい色に染めたい場合

白髪染めで一番明るい色に仕上げたいのであれば、茶髪のようなトーンの色合いを選ぶようになります。この場合、それまで黒髪だった地毛をブリーチしなくてはなりません。

 

黒い髪の毛は、ブリーチをして、一度脱色してから色を入れる必要があるので、髪の毛へのダメージも大きくなってきます。

 

しかし、全体を黒い髪にするよりは、全体を明るい色に仕上げた方が、白髪は目立ちにくくなるともいえるので、好みによって色を分けるとよいでしょう。

 

ただし、一番明るい色にまでトーンを上げてしまうと、白い髪の毛に色を入れるのは難しくなる場合も少なくないようですから注意が必要です。

 

白髪染めの注意点

白髪染めは継続的に使用する必要が出てくるので、地肌になるべく刺激のないものを選ぶことが大切です。白髪染めで明るい色に仕上げるためにブリーチを続けることで、地肌に刺激を感じたりすることもあります。

 

その場合には、頭皮や髪の毛にもダメージが多くなる可能性が高くなります。なるべくブリーチの必要がないような色合いを選択することも賢明といえそうです。

 

ヘナとインディゴの白髪染めについて

ストレス社会や遺伝など様々な理由から、白髪は切っても切れない悩みです。30代の頃から少しずつ白髪が気になる人も増えているのではないでしょうか。

 

美容院やサロンに行く程でもない場合は、市販の白髪染め用のホームカラー剤を使用すれば簡単ですが、やはり市販のホームカラー用製品は強力なため、繰り返し使っていくと髪が傷んできます。

 

白髪とは一生の付き合いになる為、白髪用染毛剤は髪に優しいものを選びたいですよね。香草カラーやハーブ使用植物性染毛剤などもありますが、そんな中で今注目なのがヘナとインディゴです。

 

髪に優しいのはヘナ

様々な白髪染めがある中で一番髪に優しいヘアカラーリング剤といえば、ヘナではないでしょうか。みなさん時間がかかり大変という方も多いですが、頻度は一度すれば一か月に一度でも気になりません。

 

また慣れてしまえば、夕方ヘナして、夜寝る前まで染めながら家事をしているということも可能なので、とても楽です。

 

市販の白髪染めは色が他につくと取れなくなったりしますが、ヘナの場合は天然成分の植物性染毛剤なので他の物に色がついても取れやすいです。

 

ヘナとインディゴの組み合わせがおすすめ

ヘナの色についてですが、ヘナのみだと赤茶色になってしまうので、その部分は白髪染めしているとわかってしまいます。

 

ハイライト感覚で入れるのもおしゃれですが、色の悩みを解消するのに便利なのが、ヘナにインディゴを混ぜることです。インディゴを混ぜれば自然な茶色に収まり、ヘナ特有の赤味系の色が緩和されます。

 

その後のシャンプーやトリートメントは通常通りしても良いし、ヘナを続けていると、シャンプーやトリートメントをしなくても髪がまとまるようになります。

 

ただ、インディゴを混ぜた場合は染めた後、数日はシャンプーやトリートメントなどを使わない方が色落ちが気になりません。

 

白髪染めは体や環境に優しいものを

シャンプーやトリートメントはどうしても白髪染めに対して洗浄力が強かったりするので、ヘナやインディゴが負けてしまいます。これからも長く付き合う白髪染めは、体や環境に優しい物を使用することをおすすめします。

 

20代や30代の若白髪。どうすれば若白髪が減る?

最近増えてきているのが、20代・30代の若白髪です。日頃のちょっとしたストレスや栄養バランスの偏りで若白髪になり、悩んでいる方は意外と多いのです。

 

若い人ほど、どうせ白髪染めするなら明るい色が良いという人も多いはずです。ということで、ここでは、若白髪の原因、白髪対策に効果的な食べ物やお手入れ方法についてまとめてみました。

 

若白髪の原因 特に日常的な食生活で髪に色を付ける役割を果たしているメラノサイトが正常に働かなくなっている可能性があります。
効果的な食べ物 主にメラノサイトに働きかけるものとして良いとされているのがヨードやチロシンです。ヨードは簡単に言うとミネラルであり、メラノサイトの働きを活発化させるという働きがあります。

この成分が含まれている食べ物はわかめや海苔、海藻類やひじきなど、日本食やサラダを中心に取っている方にはお馴染みの食材です。味噌汁にわかめを入れてみるだけでも毎日の生活に取り入れられるので、できれば改善のために続けましょう。
次にチロシンですが、チロシンとはアミノ酸の一種であり、髪の毛のメラニン色素の原料になっています。これを含んでいる食べ物にはチーズ、納豆、バナナなどが挙げられます。また、チロシンを最大限に生かす方法として、銅ミネラルと一緒に摂取することでより効果的になります。

髪のお手入れ方法 若白髪は血行不良も原因とされています。入浴中の頭皮マッサージなども行っていくことによって、白髪を元の髪色に戻すのに早めに効果が表れます。またメラノサイトにダメージを与える他の原因とされるストレスによる自律神経の乱れも、同時にケアしていくことが大切です。

 

心当たりの原因が多ければ多いほどメラノサイトにダメージが大きいのは確かなので、気づいたら早めに対策を立てていくことが大切です。

 

特に食事やマッサージは気軽に取り入れられる方法なので、日頃から実行して効果を得られるよう工夫してみましょう。

 

明るい色の茶髪にする白髪染めのメンズ用とレディース用の違いは?

白髪染めを使うのは女性だけでなく男性も同じです。ですが女性と男性では髪質も違いますし、基本的な髪の長さも異なることから白髪染めを使う時には注意が必要です。

 

白髪染めしたい男性

 

メンズ用おすすめ白髪染めの選び方

男性が女性用白髪染めを使ってもうまく染まらなかったり、逆に女性が男性用を使ったとしても仕上がりに満足できないということも出てくるでしょう。

 

特に女性は男性よりも髪の長さが長いことが多い分、美容成分やトリートメントにこだわりがある白髪染めが多いものです。

 

ですから安易にレディースではなくメンズで染めてしまうと、髪がごわごわで艶が感じられない仕上がりになってしまうようなこともあるでしょう。

 

明るい色であれば何でも良いと思うのではなく、カラーリング世代や性別による違いというのもあるので、そうした違いをきちんと意識したうえで白髪染め選びをしていくと良いでしょう。

 

おすすめなのはシャンプーしながら染めていくことができるものです。シャンプーしながら徐々に染まっていくような感じなので、染める時間も少なく手間を減らすことができます。

 

好みに合った明るい色というだけでなく、染める方法や色持ちの良さなども考慮しながら選んでいくと良いでしょう。

 

選び方の基準

選び方の基準は人それぞれですが、持ちが悪いものは結局何度も使用しなければいけないので、価格費用的にも損をしてしまうことが多いでしょう。

 

一度白髪染めした後で、明るい色がどれくらい綺麗な状態を維持していけるのかということも考えながら選ぶのがベストです。

 

また、分け目の白髪が気になるのか、フェイスラインや顔周りの白髪なのか、毛先用なのかなど、目的別にも分かれています。

 

性別だけでなく、年齢も意識して白髪染めを選ぶと良いでしょう。あなたにあった明るい色の白髪染めがみつかることを祈っています!

 

白髪染めのヘアカラー市販品の商品情報は、ネットの美容情報サイトや雑誌などにたくさん関連記事があり、いろいろなヘアカラー剤タイプがあります。

 

今は知恵袋などの口コミサイトでも、白髪染めに関する質問・解答や現役美容師おすすめのヘアカラー、白髪染めの商品名や参考価格が紹介されていたりします。オススメの白髪染めでは、利尻ヘアカラートリートメント、ルプルプなどが人気です。

 

その他にも、ホーユーサイオスヘアカラークリーム、サイオスオレオクリームヘアカラー、髪萌ヘアカラートリートメント、うるプラ美人ヘアカラートリートメント、クレオディーテヘアカラーエマルジョン、サロンドプロ、パオンクリームカラー、ワンプッシュクリームヘアカラー、ロレアルパリエクセランスヘアカラークリームタイプなどがあります。

 

男性用白髪染めには、花王サクセスステップカラーなどがあります。

 

弊社運営サイト紹介

「白髪染め、明るい色に染めたら、いい感じ!市販、通販、美容室のおすすめ」を最後までお読みくださいまして、誠にありがとうございました。よろしければ、こちらのサイトの参考記事もご訪問ください!

母乳が出なくなったら。 もしも育児中に母乳が出なくなってしまったら…。産後1ヶ月から2ヶ月、3ヶ月から5ヶ月など時期別に復活させるための方法などをまとめたサイトです。
葉酸やマカを飲むと、妊娠しやすい?|妊活おすすめサプリ手帖 妊娠初期だけでなく、妊活中にも葉酸は効果的です。また、マカも不妊に悩む人におすすめです。

http://www.xn--n8jubg5oo33rzzat27spbwa.com/