白髪染めで明るい色に染めたい!おすすめは・・・?

茶髪ロングの女性

 

「白髪染めで、明るい色に染めたい!」と思いませんか?

 

でも、白髪染めで、髪を自然な明るい色に染めるのは、意外と難しいものですよね。

 

そこで、このサイトでは、市販や通販のヘアカラー剤の選び方や、自分で明るい色に白髪染めをする場合の注意点、おすすめの美容室などをまとめてみました。

 

明るい色に白髪染めをして、ぜひ、素敵な髪を手に入れてください!

 

おすすめの白髪染め3選!

 

美しい髪の女性

 

まずは、明るい髪色にしたい!という皆さんのために、明るい色のバリエーションがあるおすすめの白髪染めを紹介します。

 

 

マイナチュレ カラートリートメント

 

人気ヘアケアブランドのマイナチュレから、ヘアカラートリートメントが発売されました。

 

色は、ブラウン(左)とダークブラウン(右)の2色。どちらも明るい色の白髪染めです。

 

画像のとおり、ぱっと見では白髪染めとわからない、おしゃれなデザインもうれしいですよね!

 

マイナチュレ

 

この製品の特長は、単なる白髪染めではないこと。

 

化粧水や美容液が一緒になったオールインワン化粧品ってありますが、それの白髪染め版をイメージしてもらえれば、理解しやすいと思います。

 

マイナチュレは1本で4つのケアができるオールインワン!

 

  1. 色を明るく染める白髪ケア
  2. 髪がパサつくといったダメージから守るヘアケア
  3. 頭皮をいたわるスカルプケア
  4. 毛髪・頭皮のエイジングケア

 

使い方と、使用する頻度

使い方は簡単。シャンプー後、タオルドライで水気を取ったら、マイナチュレを塗布して10分ほど放置。あとは、洗い流して、乾かすだけです。

 

使用する頻度は、最初だけ、週3〜5回くらい続けて、自分の好みの色に染めていきます。ちょうどいい感じになったら、その状態をキープするために、週に1回くらいの割合で使用するだけ。カンタンですよね!

 

無添加でよく染まるので、ほんとうにおすすめのヘアカラーです。返金保証もついているので、一度試して損はないのではないでしょうか?

 

 

公式サイトはこちらからチェック
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

 

利尻ヘアカラートリートメント(サスティ)

 

利尻ヘアカラートリートメント(サスティ)

 

次におすすめな白髪染めは、利尻ヘアカラートリートメント(サスティ)です。

 

用意されている色は、

 

  • ライトブラウン
  • ナチュラルブラウン
  • ダークブラウン
  • ブラック

 

の4色です。

 

ライトブラウン、ナチュラルブラウンは、多くの女性にとって理想の明るい色ではないでしょうか。

 

無添加でノンシリコーンですので、頭皮に負担をかけにくく、白髪染めのヒリヒリが苦手な人にもおすすめです。

 

お風呂で10分程度で染まるのも手軽でうれしいポイント。

 

トリートメント成分も配合されていますので、同時に美髪ケアもできる人気の白髪染めです。

 

ルプルプ(LpLp)ヘアカラートリートメント

 

つづいてはルプルプ(LpLp)。

 

こちらで用意されているカラーは、

 

  • ダークブラウン
  • ブラウン
  • モカブラウン
  • ソフトブラック

 

の4種類。

 

よく染まるのに、手や浴槽についても簡単に落とせるのもルプルプの特徴です。

 

高級なフコイダンを原料とした白髪染めです。

 

白髪を明るい色に染めたい! 市販でもできる? やっぱり美容室?

 

 

ドラッグストアで買える市販の白髪染めの選び方

 

ドラッグストアの白髪染め売り場

 

ドラッグストアにはたくさんの白髪染め、おしゃれ染め用ファッションカラー剤がそろっていて、どれを購入すればいいか迷ってしまいますよね?

 

ここでは、市販のセルフカラーリング剤を選ぶコツと使い方、注意点をご紹介しますので、しっかりおさえておきましょう!

 

ヘアカラー剤のタイプ

 

白髪染めクリーム

 

テレビCMなどでもよく見かける市販の自宅染め用ヘアカラー剤は、

 

・泡タイプ
・クリームタイプ

 

の2種類が代表的なタイプです。

 

泡タイプのメリットとデメリット

 

泡タイプは使い方も簡単で、誰でも手軽に染められるためとても便利です。

 

しかし、泡タイプのヘアカラー剤は、トリートメント剤を混入しにくいという特徴があります。

 

そのため、髪へのダメージは大きくなるというのが大きなデメリットです。

 

また、泡が全体にむらなく行き渡らないと、白髪部分の染めむらや、フロント部分や毛先の色との差が生じやすいというデメリットがあります。

 

クリームタイプのメリットとデメリット

 

クリームタイプはトリートメント成分が配合されたトリートメントカラーです。

 

塩基性カラーと呼ぶこともあります。

 

クリームカラーは泡タイプに比べて、頭皮、髪へのダメージは軽減される点がメリットです。

 

根元部分の生え際だけぬるリタッチができるため、毛先との色むらを最小限にできるというメリットもあります。

 

ただし、泡タイプと違いハケで塗っていくため、自分で染めにくい点がデメリットです。

 

ヘアマニキュアという選択肢は?

 

ヘアマニキュアは頭皮に触れないため、敏感肌やかぶれやすい人にはおすすめです。

 

白髪が多い人が、明るめのライトブラウンやナチュラルブラウンのマニキュアで染めるとメッシュのようになるため、オシャレ染めに適しています。

 

ただしヘアマニキュアは毛の表面に色をのせているだけですので、髪を洗うたびに落ちていくというデメリットがあります。

 

白髪染めじゃなく、オシャレ染めで染めたらどうなる?

 

結論からいいますと、残念ながらオシャレ染めでは、白髪をうまく染めることはできません。

 

オシャレ染めとは、黒髪の人が明るい髪色の茶髪にするような時に使うカラーリング剤です。

 

このオシャレ染めの毛染め剤を使用した場合、黒髪は茶色になりますが、白髪は茶色にはならないのです。

 

金髪ほどにはいかないまでも、全体的に微妙な金色の毛になって失敗したり、白髪の部分が茶髪の中に混ざってしまってそのまま残るという危険性があります。

 

オシャレ染めは、白髪染めの薬剤ほど染毛力が強くないため、白髪をしっかりと濃い色に染めることができないことが原因です。

 

やはり、白髪染めをするときは、白髪専用の白髪染めを使用されることをオススメします。

 

色味とトーンの選び方

 

髪の毛の色味チャート

 

白髪染めのヘアカラー剤には、「色味」と「トーン」があります。

 

自宅のヘアカラーで成功のポイントは、カラー剤選びが7割、染め方の技術が3割と言われています。

 

それほど、カラー剤選びは重要です。

 

色味(明るい色から暗い色まで)

 

カラーリングの色味には同じブラウン系でも、

 

ナチュラルブラウン系 ベーシックな茶色
カッパー系 赤やピンク、オレンジがかった暖色系の茶色
アッシュ系 グレー、緑、青みがかった寒色系の茶色

 

の系統があります。

 

またその中でも、

 

ナチュラルブラウン系
ベージュブラウン
ダークブラウン
シャンパンブラウン

 

カッパー系
ローズブラウン
ピンクブラウン
ボルドー

 

アッシュ系
アッシュベージュ
ミルクティー
オリーブブラウン

 

などに細かい色味に分かれています。

 

色味の名前はオーソドックスなものもありますし、そのブランド独自の名称もあります。

 

赤みの強いブラウンと青みの強いブラウンでは、顔への影響や印象が大きく変わってきます。

 

本当に似合う色はどれなのか、自分のパーソナルカラーを研究するのもおすすめです。

 

トーン

 

トーンとは、髪の明るさのレベルをあらわす数字で、1〜20まであります。

 

日本人の自然な黒髪に黒染めする場合は5トーンになります。

 

そのため暗めにしたい方は4トーンから、明るめで染めたい方は7〜8トーン、さらに明るくしたい場合は10トーンを選びます。

 

11〜12トーンは、外国の女性のような髪色に仕上げたい方に人気です。

 

ただし、これぐらい明るい髪色になると、一般的な会社にはしていけないレベルになってきます。

 

ダブルカラーリングとは?

 

ダブルカラーリング(Wカラーリング)というカラーリング方法もあります。

 

ダブルカラーとは、ブリーチ剤で脱色した後に、希望のカラーリング液剤を入れる施術パターンです。

 

この方式でないと表現できない色味もあります。

 

13トーン以上のかなり明るい髪色を目指すなら、ダブルカラーリングでないと難しいかもしれません。

 

市販の白髪染めで明るい色に染めたい。どれを買えばいい?

 

テレビCMやドラッグストアでよく見かける市販の白髪染め。

 

ドラッグストアに行ってみると、あまりにもたくさんの商品があって選べなかったという経験はありませんか?

 

明るい色に染めたい!という場合、どの白髪染めを買えばいいのでしょうか?

 

シエロ(ホーユー)

 

山田優さんのCMでおなじみのシエロ。

 

シエロの白髪染めは、

 

  • シエロ デザイニングカラー
  • シエロ ヘアカラー EX クリーム
  • シエロ ヘアカラー EX ミルキー
  • シエロ ムースカラー
  • シエロ オイルインヘアマニキュア
  • シエロ ヘアマニキュア
  • シエロ カラートリートメント
  • シエロ コーミングカバー

 

の8種類が展開されています。

 

まずはクリームタイプ、ムースタイプなど好みのタイプを選び、さらにその中から自分の染めたい色味を選ぶ必要があります。

 

どのタイプにも共通して言えることですが、白髪の量が多めの方は発色どおり明るめに仕上がりますが、しっかりと染まらないことがあります。

 

白髪が少なめの方は暗めに仕上がります。

 

地毛が黒髪の方は、先に髪色を明るくしておいた方がイメージ通りの色に染まるかも知れません。

 

シエロ デザイニングカラー

 

シエロ デザイニングカラー

 

シエロで明るい色に染めたいなら、こちらの「シエロ デザイニングカラー」がおすすめです。

 

クシ型ノズルタイプの容器に2剤を混ぜて塗る、乳液タイプのカラー剤です。

 

カラーは全11色。

 

「明るめ」か「より明るめ」しかありませんので、明るい色に染めたいにはぴったりです。

 

明るさ ピンク系 ナチュラル系 アッシュ系
より明るめ(1番より明るい) パステルピンク アールグレイベージュ ルーセントアッシュ
明るめ(2番相当) マーメイドピンク クラシックショコラ ミントアッシュ
明るめ(2番相当) コーラルブラウン ヌーディオークル スモーキーアッシュ
明るめ(2番相当) - キャラメルブラウニー プレミアムアッシュ

 

シエロ ヘアカラー EX クリーム

 

気になる生え際や根元をしっかり染めたい方におすすめなのが「シエロ ヘアカラー EX クリーム」。

 

混ぜる必要がなく、コームに簡単ワンプッシュで塗り始められるので楽チンです!

 

髪に密着するクリームタイプなので、生え際根元のリペアにも適しています。

 

残った薬剤は次回にとっておけるのも嬉しいですね。

 

「シエロ ヘアカラー EX クリーム」の明るい色味はこちらです。

 

明るさ 赤み(ピンク系) ベーシックなブラウン 赤みなし(アッシュ系)
1 - 1(かなり明るいライトブラウン) -
2 - 2(より明るいライトブラウン) -
3 3RO(ローズブラウン) 3S(スタイリッシュブラウン) 3C(キャラメルブラウン)
3 - 3(明るいライトブラウン) -

 

もう少し暗めの色味がいいという方には、その他4〜6の色味も揃っています。

 

シエロ ヘアカラー EX ミルキー

 

 

 

 

 

 

 

美容室での白髪染めを徹底解説!メリット、デメリットは?

美容室で白髪染め

 

美容室で白髪染めをするメリット

 

きちんと白髪を染めたいのであれば、美容室で白髪染めをするのが最適です。

 

明るい色に染めたいといってもカラーバリエーションは様々あります。

 

美容室なら色の種類も豊富ですし、プロの美容師さんのアドバイスももらえるので安心です。

 

また、美容室で白髪染めすることによるメリットとして、髪が傷まないということがあります。

 

ホームケアは髪に必要な美容成分が損なわれてしまい、髪が弱々しく細くなってしまうことも考えられます。

 

美容室で白髪染めすると、カラーが長持ちするというメリットもあります。

 

きちんと染まっていないと、色落ちしてしまうのも早くなってしまうからです。

 

白髪染めは自宅で行うホームケアだとカラーリング代が抑えられますが、自分で行うと上手くできずムラが出来てしまいキレイに仕上がりません。

 

美容室で白髪染めをするデメリット

 

ただし、美容室でカラーをするには、自宅で行う以上の時間と値段がかかってしまいます。

 

これはデメリットではありますが、髪をなるべく傷ませず、カラーを長持ちさせるのに必要なことだと言えます。

 

白髪が多い人であれば一、度きちんと明るい色に白髪染めしたとしても、定期的に美容院を予約して染め続けていかなければいけません。

 

行きつけの美容院が決まっているといいですね。

 

自分の髪質をわかっている美容師に染めてもらったほうが好みの色なども分かってもらえますし、仕上がりに満足できることも多いでしょう。

 

美容室の白髪染めは明るい色に染まらないってホント…?

 

「美容室で白髪染めをしてもらっても、明るい色には染まりにくい」という話を聞いたことがある方もいるかもしれません。

 

一部ではそのような噂があって、美容室で白髪染めをすることを諦めている方もいるようです。

 

ですが結論からいうと、明るい色に染められるかどうかは、その人の髪の毛質と美容師さんの技術次第だそうです。

 

個人差もありますが、一般的には細めの髪質の方が、白髪染めで明るい色に染まりやすいといわれます。

 

また、同じ明るい色の中でも、アッシュブラウン系は染まりが悪く、暖色系の方がより染まって見えるともいわれています。

 

美容室の白髪染めで明るい色にしたいなら、まずは美容師さんに自分の希望をしっかり伝えて相談してみましょう。

 

また、もし1軒目で施術を断られたとしても、諦めずに2軒、3軒とトライしていくと、引き受けてくれる美容室が見つかるようですよ。

 

 

白髪を明るい色に染めようとして失敗!原因は?

 

どのタイプの白髪染めで明るい色にするかはその人の好みでありますが、イメージしたように染まらない場合があります。

 

原因はいったい何なのでしょうか?

 

原因は……?

 

実は、残念ながら、何が原因なのかはっきりつかめないといったことが多いのです。

 

染め上がりが期待通りにいかない原因が、髪質なのか薬剤の問題なのか、または調合の仕方が悪かったのかはさだかでありません。

 

もちろん髪質や薬剤、調合の仕方で明るい色にしたくてもイメージ通りに染まらないこともあります。

 

そして明るい色の白髪染めは、色持ちが悪いともいわれます。

 

あとから出てくる新生毛の白髪が目立ちやすいのが特徴です。

 

美容室で白髪を染めるときはお店のプロの方に任せておけばよいですし、そのお店のオリジナルカラーや特殊カラーにもチャレンジできます。

 

しかし、自分で市販ホームカラー剤で染める場合は、ブラウン味の強いダークブラウン程度の色におさめておいた方が、違和感のない自然なナチュラルカラーに仕上がります。

 

自分で明るい色に染める場合は、上手く染まらないリスクがあることは覚悟しておきましょう。

 

白髪染めの明るい色で染めようとして、赤茶っぽくなった!どうする?

 

白髪染めで明るい色に染めようとしたのに、結果としてまったく明るい色にならず、赤茶っぽくなってしまうケースがあります。

 

これは、白髪染めの染毛剤よりも自毛のもともとの髪色のほうが暗かったことが原因で、赤茶っぽくなってしまったと考えられます。

 

もしこうなってしまったら、どうしたらいいのでしょうか?

 

対処法は?

 

このような場合、まず赤茶っぽい色を抜くという対処法があり、そのためにはブリーチすることが必要になります。

 

しかし、市販のブリーチ剤を買って自分でブリーチすることは、あまりおすすめできません。

 

カラーリングや白髪染めとは違い、ブリーチは髪の毛の色を抜いている、いわば脱色していることになります。

 

カラーリングは、市販のカラーリング剤を使ったとしても色を入れるだけの作業になります。

 

ですから、染めるだけということであれば、よほどのミスがない限り色ムラや変色といった失敗はなさそうです。

 

しかしブリーチでは、その人の髪質が軟毛か剛毛かや、髪の毛の太さ、細さ、毛先と根元での時間ずらし方などで、ブリーチの薬剤の塗布量や設定も異なってきます。

 

そこで失敗すると、金髪やオレンジ色になってしまったり、ムラになったりする危険性があります。

 

失敗した髪色を直したいという場合は、できるだけ美容院に駆け込むことをおすすめします。

 

白髪を黒髪に染める場合と一番明るい色に染める場合との違い

髪がサラサラの女子

 

白髪を染める場合、全体の仕上がりの印象は、白髪の量によって大きく異なります。

 

黒髪に染めたい場合

 

白髪を黒髪に染めたいという場合には、明るい色に仕上がる毛染めでは、白髪はほとんど黒くならないと考えた方がよいでしょう。

 

黒髪にしたい場合には、全体の髪の毛がしっかりと染まっていないと目立つことになってしまいます。

 

黒髪に仕上げたいなら、なるべく暗い色合いを選ぶようにしてください。

 

一番明るい色に染めたい場合

 

白髪染めで一番明るい色に仕上げたいのであれば、茶髪のようなトーンの色合いを選ぶことになります。

 

この場合、それまで黒髪だった地毛をブリーチしなくてはなりません。

 

黒い髪の毛は、ブリーチをして、一度脱色してから色を入れる必要があるので、髪の毛へのダメージも大きくなってきます。

 

しかし、全体を黒い髪にするよりは、全体を明るい色に仕上げた方が白髪は目立ちにくくなるとも言えます。

 

好みによって色を分けるとよいでしょう。

 

ただし、一番明るい色にまでトーンを上げてしまうと、白い髪の毛に色を入れるのは難しくなる場合も少なくないようですから注意が必要です。

 

ブリーチの注意点

 

白髪染めは、一度染めると継続的に使用する必要が出てくるので、地肌になるべく刺激のないものを選ぶことが大切です。

 

白髪染めで明るい色に仕上げるためにブリーチを続けることで、地肌に刺激を感じたりすることもあります。

 

その場合には、頭皮や髪の毛にもダメージが多くなる可能性が高くなります。

 

明るい髪色は魅力的ではありますが、長く続けることを考えると、始めからなるべくブリーチの必要がないような色合いを選択することも賢明といえそうです。

 

ヘナとインディゴの白髪染めは髪に優しい?

 

白髪染めのヘナ

 

白髪とは一生の付き合いになる為、白髪用染毛剤は髪に優しいものを選びたいですよね。

 

香草カラーやハーブ使用植物性染毛剤などもありますが、そんな中で今注目なのがヘナとインディゴです。

 

髪に優しいのはヘナ

 

様々な白髪染めがある中で一番髪に優しいヘアカラーリング剤といえば、ヘナではないでしょうか。

 

みなさん時間がかかり大変という方も多いですが、頻度は一度すれば一か月に一度でも気になりません。

 

また慣れてしまえば、夕方ヘナして、夜寝る前まで染めながら家事をしているということも可能なので、とても楽です。

 

市販の白髪染めは色が他につくと取れなくなったりしますが、ヘナの場合は天然成分の植物性染毛剤なので他の物に色がついても取れやすいです。

 

ヘナとインディゴの組み合わせがおすすめ

 

ヘナの色についてですが、ヘナのみだと赤茶色になってしまうので、その部分は白髪染めしているとわかってしまいます。

 

ハイライト感覚で入れるのもおしゃれですが、色の悩みを解消するのに便利なのが、ヘナにインディゴを混ぜることです。

 

インディゴを混ぜれば自然な茶色に収まり、ヘナ特有の赤味系の色が緩和されます。

 

その後のシャンプーやトリートメントは通常通りしても良いですし、ヘナを続けていると、シャンプーやトリートメントをしなくても髪がまとまるようになります。

 

ただ、インディゴを混ぜた場合は染めた後、数日はシャンプーやトリートメントなどを使わない方が色落ちが気になりません。

 

白髪染めは体や環境に優しいものを

 

シャンプーやトリートメントはどうしても白髪染めに対して洗浄力が強かったりするので、ヘナやインディゴが負けてしまいます。

 

これから長く付き合う白髪染めは、体や環境に優しい物を使用することをおすすめします。

 

白髪染めの頻度はどのくらいが適当?

 

白髪の割合、いわゆる白髪率というのは人それぞれ違います。

 

歳を重ねても白髪がそれほど目立たない人もいます。

 

ですから白髪を染める頻度というのも人それぞれ違ってきます。

 

とはいえ、「白髪染めって、普通の人はだいたいどのくらいのペースでしているの?」と気になりますよね?

 

髪の毛の8〜9割以上が白髪だとして、おしゃれな明るい色をキープするには、どのくらいのペースで染め直す必要があるのでしょうか。

 

まず、髪の毛の8〜9割以上が白髪であっても、白髪染めの対応をすることは可能です。

 

しかし、染めたい色によって、染まり具合や染め直す頻度は変わってくるといえます。

 

そこそこ暗い色で染めるほうが、カラー自体は入りやすいですし、色落ちもしにくいです。

 

しかし、明るい色であればあるほど退色も早く、染まりも具合も悪くなりますので、当然染め直しも頻繁に行う必要が出てくるでしょう。

 

また、染め直しの頻度に関しては、その人の髪質や白髪の多さにもよります。

 

髪は平均1ヶ月で1cmぐらい伸びますので、白髪染めをして1ヶ月たてば、根元に1cmの白髪が出てくることになります。

 

ショートヘアかボブカットかなど、ヘアスタイルによっても、根元に出てきた白髪が目立ちやすい髪型と目立ちにくい髪型がありますので、それによっても頻度は変わってきます。

 

しかし、理想としては1ヶ月に1回染め直しできれば、かなりキレイな状態を保てるでしょう。

 

白髪が目立ちにくい人でも、2ヶ月に1回程度、白髪染めをし直すというペースが一般的かと思います。

 

これ以上、白髪・若白髪を増やさないために

 

加齢はもちろん、日頃のちょっとしたストレスや栄養バランスの偏りで白髪になり、悩んでいる方は意外と多いものです。

 

また、最近増えてきているのが、20代・30代の若白髪です。

 

ここでは、若白髪の原因、白髪対策に効果的な食べ物やお手入れ方法についてまとめてみました。

 

若白髪の原因 特に日常的な食生活で髪に色を付ける役割を果たしているメラノサイトが正常に働かなくなっている可能性があります。
効果的な食べ物 主にメラノサイトに働きかけるものとして良いとされているのがヨードやチロシンです。ヨードは簡単に言うとミネラルであり、メラノサイトの働きを活発化させるという働きがあります。

この成分が含まれている食べ物はわかめや海苔、海藻類やひじきなど、日本食やサラダを中心に取っている方にはお馴染みの食材です。味噌汁にわかめを入れてみるだけでも毎日の生活に取り入れられるので、できれば改善のために続けましょう。
次にチロシンですが、チロシンとはアミノ酸の一種であり、髪の毛のメラニン色素の原料になっています。これを含んでいる食べ物にはチーズ、納豆、バナナなどが挙げられます。また、チロシンを最大限に生かす方法として、銅ミネラルと一緒に摂取することでより効果的になります。

髪のお手入れ方法 若白髪は血行不良も原因とされています。入浴中の頭皮マッサージなども行っていくことによって、白髪を元の髪色に戻すのに早めに効果が表れます。またメラノサイトにダメージを与える他の原因とされるストレスによる自律神経の乱れも、同時にケアしていくことが大切です。

 

白髪は心労が多い時や、精神的ストレスを多く抱えている時に増えてしまうことも多いものです。

 

白髪染めを使用する頻度を少なくしたければ、普段からストレスを溜めないようにしたり栄養をきちんと取るようにしましょう。

 

心当たりの原因が多ければ多いほど、メラノサイトにダメージが大きいのは確かなので、気づいたら早めに対策を立てていくことが大切です。

 

特に食事やマッサージは気軽に取り入れられる方法なので、日頃から実行して効果を得られるよう工夫してみましょう。

 

栄養がきちんと取れないような状態であれば、まずはサプリやドリンクなどで頭皮にも栄養がきちんと行き届くようにすることをおすすめします。

 

弊社運営サイト紹介

「白髪染め、明るい色に染めたら、いい感じ!市販、通販、美容室のおすすめ」を最後までお読みくださいまして、誠にありがとうございました。よろしければ、こちらのサイトの参考記事もご訪問ください!

母乳が出なくなったら。 もしも育児中に母乳が出なくなってしまったら…。産後1ヶ月から2ヶ月、3ヶ月から5ヶ月など時期別に復活させるための方法などをまとめたサイトです。
葉酸やマカを飲むと、妊娠しやすい?|妊活おすすめサプリ手帖 妊娠初期だけでなく、妊活中にも葉酸は効果的です。また、マカも不妊に悩む人におすすめです。

http://www.xn--n8jubg5oo33rzzat27spbwa.com/